1ヶ月の食費の平均!世帯別。

1ヶ月の食費の平均

あなたの家庭の食費はいくらぐらいですか?

 

自分の家の食費は、他の家庭と比べて多いのか少ないのか気になりますよね。

 

そんな疑問に総務省のデーターからお答えします。

世帯別の1ヶ月の食費の平均

(外食やお酒分は除く)

  • 1人暮らし:約28,000円
  • 2人家族 :約43,000円
  • 3人家族 :約58,000円

ここで、問題なのは3人家族でも中高生の食べ盛りのお子さんがいる3人家族と、赤ちゃん、乳幼児がいる3人家族とまったく違うということです。

内閣府の調査では、0歳児の子育て費用は年間約931,000円と発表されています。
これは、預貯金・保険やお祝い行事、保育料なども含まれた金額です。
これらを除くと食費だけで、15、000円ぐらいはかかっているのではないでしょうか?

さらに乳幼児でも、幼児教育・保育無償化が施行されたことから、年齢や保育園、幼稚園のどこに通うかでも違ってきます。

 

というのも給食費は幼稚園と保育園で負担額が違うからです。

 

幼稚園の場合は全額実費ですが、保育園は一部もしくは全額が補助されます。

 

ですので、食費は子供の年齢やライフスタイル、働き方、共働きかによって変わってきます。

 

一つの目安にはなりますが、上記の食費平均金額と比較して、少ないのであれば食費の無駄遣いはないと考えていいでしょう。

 

食費で考えなくてはいけないのは、外食とお酒の支出は別に考えることです。

 

仕事上の付き合いもあるでしょうし、無理にコントロールするとストレスになってしまうからです。

所得から割り出す食費の目安

1ヶ月の食費の平均

 

家族構成からの目安ではなく、所得からの食費を算出する目安もでています。

 

理想の食費は、給料手取り額の15%だそうです。

 

手取りが18万円だと、理想の食費は約27,000円。
前述の1人暮らしの食費とほぼ同じですね。

 

3人家族だと手取りは38万円は必要だということになります。

食費を減らすテクニック

間食をあまりしない、コンビニを利用しない。

できるだけ自炊をする

1ヶ月の食費の平均

外食をやめなさいと言っているわけではありません。

 

スーパーなどで買い物をするときに、「調理済み食品」を買わないという事です。

 

食べ終わったら容器を捨てるだけなのでお手軽で、効率的ですが割高です。

食費を節約できる食材
  • もやし
  • キャベツ
  • たまねぎ
  • じゃがいも
  • 豆腐
  • 納豆
  • 鶏肉
  • レトルトカレー
  • パスタ
スーパーのチラシで安い食材を見つけた時は、その食材を利用する。

ネットで「安い食材名 レシピ」で検索すると、数種類のレシピが紹介されているので、その中から一番安くつくれる献立から適量分のみ購入する。

食費を節約できる料理
  • カレー
  • お好み焼き
  • マーボ豆腐
  • チャーハン
  • オムライス
  • 焼きそば
  • 野菜炒め
  • お鍋
  • パスタ

これらのメニューは忙しい時でも簡単に作れて作り置きができます。

買い物は1人で行く

1ヶ月の食費の平均

休みの日などに夫婦で買い物に行くのをレジャー代わりにしている家庭もありますが、旦那さんと一緒に買い物をすると、なぜか無駄な買い物が増えるんですよね。

買った食材は使い切る

食材ロスを出してしまうのは、お金を捨てているのと同じことです。

 

買った食材は必ず食べきるようにしましょう。

特売の安い肉はまとめ買いしておく

肉類は安い時にまとめ買いして、家族で一回あたりに使う量に小分けして冷凍しておきましょう。

  • 鶏肉:2週間
  • 豚肉:2〜3週間
  • 牛肉:3〜4週間

家庭用の冷凍庫で保存しても、このぐらいは持ちます。

料理を作り過ぎない

お腹いっぱいに食べることで満足はしますが、健康にも経済的にもよくありません。

 

昔から「腹8分目」と言うように、少し物足りないぐらいが丁度いいのです。

 

ゆっくりよく噛んで味わえば、満足感はほとんど変わらずに、余計な脂肪がつくこともなく、健康にもよく食費も節約できます。

ミールキットと組み合わせる

1ヶ月の食費の平均

 

どうしても仕事が忙しい、子育てで買い物に行く時間も料理を作る時間も取れない。
という家庭にはミールキットをおすすめします。

 

必要な食材が調味料まで揃っていて、手順書を見ながらたったの20分で手作り感満載の美味しい料理が作れてしまいます。

 

高くならないの? と心配になりますが、ヨシケイのミールキットなら1食300円代から利用できるので、とてもお値打ちです。

 

野菜の皮や芯も取り除いてあるので生ごみも減ります。

 

ミールキットの会社は、他にもオイシックスなど、たくさんありますが、ヨシケイ以外は配送料が別にかかります。

1ヶ月の食費の平均

そして毎日配送ではなく週に1回配送だったりして、冷蔵庫のスペースも確保しておかなくてはいけません。

 

ヨシケイなら、無料なのに毎日配送で、留守の時には鍵付きのBOXを用意してくれて指定の場所に置いて行ってくれます。

 

顔を合わすことができれば、ネットを通さなくても直接、注文もすることができます。

 

少し時間の余裕がある時は、ミールキットではなく食材キットを注文すれば、調理の時間は増えますがさらに安く済ますことができます。

 

ヨシケイはメニューが豊富で、小さいお子さんを抱えたママのために「プチママ」というコースも用意されています。

 

離乳食も揃っているので、乳幼児を抱えた家庭にはとても重宝です。

1ヶ月の食費の平均


注文は、週に1日だけでも1週間通しても、1週間休んでも柔軟な対応に応じてくれます。

 

豊富なメニューの中から組合せも自由に選べます。

 

毎日が、自炊というと献立を考えるのも大変だし、ストレスを抱えることになってしまいます。

 

上手く組み合わせることで、生活にも余裕が生まれストレスもなくなりますよ。

 

これは、長い生活ライフを考えたらとっても大事なことです。

 

今なら、ヨシケイはお試しで1食300円で購入することができます。

 

食費以外で節約する方法

他に食費以外で節約しようと思ったら、水道・電気・ガスになるわけですが、自炊を増やすなら当然、水道代・電気代・ガス代も高くなる傾向になります。

 

水道代は地域で決められているので、何ともなりませんが電気・ガス代なら会社を切り替えることで安くなります。

 

ガスコンロは強火を使わないとか、冷蔵庫の開け閉めの回数を減らしたりするのも重要ですが、今なら電力、ガスの自由化で会社を変えることでかなり安くなります。

 

1ヶ月で1万円以上節約できるケースもあります。

 

一度、見積りだけでも取ってみる事をおすすめします。

 

中部圏(愛知、岐阜、三重、長野、静岡中西部)に限りますが、中部電力が薦めている「カエテネ」会員になるだけで、電気代金のお得プランを紹介してもらえポイントも貯まります。

 

ガスも中電ガスに切り替えると、1年間でガス代が約7,000円以上も安くなります。

 

関東エリアなら、電気もガスも切り替えると1年間で約13,000円もお得になります。

 

 

都市ガスではなく、プロパンガスをお使いなら、「enepi」を利用することでさらに安くなります。

 

基本料金から、uあたりの単価も安くなります。

 

ガス代が1ヶ月13、000円ぐらいお使いなら月額で7,000円以上安くなります。

 

凄くないですか?

 

こちらも無料で見積もってもらうことができます。